このエントリーをはてなブックマークに追加
がん保険と定期保険の合わせ技!

がん保険は定期保険で様子を見る

がん保険と定期保険の合わせ技!
日々進化する医療の現場ですが、死亡の原因の一つにがんはなくなりません。そんながんは遺伝的なものもあれば、突発的な物もあります。そのがんを治療するにはどれくらいかかるのでしょ。一般的に病気になったりするものは健康保険で国が負担してくれるのでわずかな自己負担で大丈夫ですが、先進医療などを受けた場合すべてが自己負担となり、陽子線治療や重粒子線治療など高額な物になれば200万は優に超してしまいます。そんな金額をすぐには用意できませんよね。普段の生活をしながらいくら貯蓄をしていてもそれがすべて治療費で消えてしまうのであれば当面の生活に不安を覚えてしまします。そうならないためにもがん保険に先進医療特約を付け小さな掛け金で大きな安心を買いたい物です。さらにがん保険でも10年などの定期保険をオススメしたいと思います。
その理由は今は先進医療ですべてが自己負担となっている治療も、めまぐるしい医療の進化に伴い健康保険で認められる治療も出てくる可能性があるからです。その時に今かけてあるがん保険がもし終身保険ならばわざわざ特約として付けなくてもよくなるのではないでしょうか。それをふまえまずは10年などの定期保険をかけてみることをオススメします。またがん保険の中でも認められるがんがさらに種類を増やすのではないかと思っています。そうなってからまたかけ直すより、10年たった時の自分のライフプランや現状を見てまた検討してもらった方が、いいきっかけにもなると思います。

Copyright (C)2017がん保険と定期保険の合わせ技!.All rights reserved.